性病になりやすいと言われている


包茎になっている人は性病になりやすいと言われていることなのですが、実はこれは本当のことなんです。
なぜ包茎だと性病になりやすくなっているのかというと、清潔にすることができるのかどうかなんです。
仮性包茎の場合は皮を簡単にむくことができるので清潔にすることができるのですが、ただ包茎ではない状態より恥垢が溜まりやすくなります。
そして真性包茎の場合は亀頭を出すことができないので恥垢や汚れを落とすことができないので清潔にすることができません。
なので、包茎ではない方よりも包茎になっている方が性病になりやすくなっているんです。
この恥垢が溜まっている状態でとてもなりやすくなっている性病は亀頭包皮炎になります。
この性病は男性の性病になっていて、清潔にすることができないとこの病気になりやすくなってしまいます。
ただこの性病は感染をするということではない病気なので女性にうつしてしまうことはまずないんです。
ただし性病になっていることは間違いないので、亀頭包皮炎になっている時は性行為をしないほうがいいですね。
亀頭包皮炎を発症してしまうと亀頭部分の包皮が赤くなって、ただれやアトピー、そしてニキビのようになってかゆみや痛みがでてしまいます。
もしこのような症状になっているのなら治療が必要となるので病院に行って診察をしてもらうようにしてください。
性病をそのまま放置をしてしまうと最悪の場合はがんなど大きな病気になってしまうので早めに治療をしてもらうようにしましょう。
包茎に悩むあなたに安全な知識で選ぶ包茎クリニック

包茎のデメリット


日本人男性の多くを悩ませている身体的なコンプレックスと言えば、包茎が挙げられます。
包茎は、2種類に大別できます。
1つ目は真性包茎です。真性包茎はやっかいなタイプの包茎です。
通常時は亀頭が包皮に覆われています。自力で包皮を剥くことができません。包皮が長すぎるか包皮の入り口が狭いことが原因です。
勃起しても、包皮が亀頭を覆ったままで、自力で包皮を剥くことができません。
包皮が亀頭を覆ったままだと、性交渉しても、射精は可能ですが、包皮が突っ張るために性行為が困難になる場合があります。治療は、手術が最善の方法です。
2つ目は仮性包茎です。仮性包茎は亀頭が包皮に覆われていることは真性包茎と同じですが、自力で包皮を剥いて亀頭を露出させることができます。勃起時は亀頭が自然に露出するか自力で包皮を剥くことができます。
包茎のデメリットにはいろいろありますが、包茎は早漏になりやすいと言われています。
しかし最近の研究では、包茎と早漏には関係性はないことが明らかになってきました。
早漏の原因は包茎というよりは、心理的な要因が大きいようです。
女性の膣の感覚に慣れていない、陰茎と膣との摩擦に慣れていない、性的興奮が強すぎる、女性との性交渉に慣れていなくて、緊張してしまったなどが主な原因とされています。
女性も男性の早漏を理解してあげて、温かく見守ってあげる必要があります。
男性側の対処法としては、亀頭を露出する時間を長くしてあげて、亀頭の感度を鈍感にしてあげることが役立ちます。

http://ksc-m.com/index.html

更新情報

ページ上に戻る