どうしても手術をしたくない方にとっておすすめになります

包茎といってもいろいろと種類があるのですが、一番危険な包茎というとカントン包茎になっているんです。

このカントン包茎は無理に皮をむくことによって皮が狭すぎてしまう性器を圧迫をしてしまう包茎となっています。
圧迫をしてしまうので血流がとても悪くなってしまって、亀頭が腫れ上がったりしてしまいます。
血流が止まってしまうと本当に危険になっていて、壊死をしてしまう確率がとても大きくなってしまうので早めに手術などの処置をすることが必要となります。
自力で戻すことができたり、圧迫をしているけれども血流は止まっていまくて腫れ上がったりしていないのなら、早めの処置をしなくてもよくなります。
カントン包茎の場合は処置をすることが必要となってしまう包茎なので包茎手術などをすると保険適応となってくれるので比較的安くて済みます。
血流が止まってしまっているようなら手術をすることが最適になるのですが、そこまでひどくなかったら手術をしないでも治す方法があります。
今包茎を矯正するグッズがあってそのグッズを使用することによって包茎を治すことも可能となっているんです。
すぐに包茎が治ってくれるということではないのですが、手術をするより安く済みますので、どうしても手術をしたくない方にとっておすすめになります。
カントン包茎は包茎のなかでも一番危ない包茎となってしまっているので、カントン包茎だなと思ったら、まずは病院に行って診察をしてもらうことがいいですね。

関連記事:

ページ上に戻る