包茎には種類があって早めの治療が必要となってしまうのです

包茎で悩んでしまう方がとても多くなっているのですが、包茎には種類があって早めの治療が必要となってしまうのです。

日本人男性の約60%は包茎になっていると言われていて、とても多いのが仮性包茎になっています。
この仮性包茎は特に問題がない包茎になっていてそのままにしておいても大丈夫なんです。
早めの治療が必要となってしまうのが真性包茎そしてカントン包茎になっています。
真性包茎は全く皮がむくことができない包茎となっているのですが、この包茎はよく知られている包茎になっています。
カントン包茎はどんな包茎になっているのかというと、皮を無理やりむくことによって皮の口が狭すぎてしまい締め付けて圧迫をしてしまう包茎となっています。
真性包茎の方が無理やりむくとこのカントン包茎になってしまう場合は多いんです。
カントン包茎はすぐ処置を必要としてしまう包茎となっています。
性器を締め付けてしまっているので血流が悪くなってしまって、最悪の場合は壊死をしてしまうので早めの処置が必要なんです。
処置の方法で一番早いのが包茎手術になっています。
カントン包茎の場合は医学的にも危ないことになっているので保険適応になることが多くなっているんです。
カントン包茎になってしまうと勃起をした時に激痛がしてしまったりしてしまうので性行為でも支障がでてしまいます。
もし自分がカントン包茎だなと思ったら早めに病院にいって医師に診断をしてもらうようにして早めに治すようにしましょう。

関連記事:

ページ上に戻る