この包茎には種類があるんです

男性がとても悩んでしまうのが包茎になっていることなのですが、この包茎には種類があるんです。
包茎の種類の中でもちょっと危険となってしまっているのがカントン包茎になっているんです。
このカントン包茎とはどんな包茎になっているのかというと、真性包茎の方が皮を無理やりむくことによって皮の口が狭すぎてしまって亀頭を圧迫をしてしまうことをカントン包茎といいます。

カントン包茎になった直後は包茎ではない状態ととても似ているので、包茎が治ったと思ってしまう方もいらっしゃるのですが、圧迫をしているのでどんどんと亀頭が腫れ上がってしまいます。
そして勃起をしてしまうと圧迫をしているので、かなり痛みが出てしまうことが多くなっているので、性行為にも支障が出てしまう状態となっています。
このカントン包茎をそのまま放置をしてしまうと大変なことになってしまっていて、常に圧迫をしている状態なので血流がとても悪くなってしまいます。
血流が悪くなってしまうと最悪の場合は壊死をしてしまうことになってしまうので早めの処置をすることは必要となります。
もし皮を被っている状態に戻すことができるのなら戻したほうがいいですね。
皮を戻すことによって圧迫から開放してくれるので壊死をしてしまうことはなくなりますので戻せるのなら戻してあげましょう。
皮を下の状態に戻すことができたら手術をしなくても包茎を治すことも可能になっています。
カントン包茎になってしまう原因で皮の口が狭いことでそうなってしまうので、皮の口を広げるトレーニングをすることによってカントン包茎にならないようにすることができます。
時間がかかってしまうことなのですが、ゆっくりと焦らずトレーニングをしていきましょう。

関連記事:

ページ上に戻る