戻せるのなら戻してしまいましょう

男性は包茎になっているとどうしても悩みになってしまうので、真性包茎になっているのを無理やりむこうとしてしまいます。

その結果カントン包茎になってしまって、ちょっと大変なことになってしまうんです。
このカントン包茎はあまりよくない包茎となっていて、無理やり皮をむくことによって皮の口の狭さによって亀頭などを圧迫してしまう包茎となっています。
圧迫をしてしまうということがとてもよくないことになっていて、圧迫をすることによって血流が悪くなってしまって亀頭が腫れ上がったりそして亀頭が壊死をしてしまうのです。
カントン包茎になってしまうと早めの処置をすることが必要となるので包茎手術をすることがベストになっています。
カントン包茎でもし皮を元に戻すことができるのであれば直ぐに元に戻しましょう。
それによって血流がよくなってくれるので、腫れが治ってくれますので、戻せるのなら戻してしまいましょう。
元に戻せることによって今度は手術をしなくてもカントン包茎にならないようにすることも可能になっています。
矯正器具を使用して皮の口を広げてあげることによってカントン包茎にならないようにすることも可能となっています。
ただしこの方法はかなり時間がかかってしまうことなので、もし時間がかかるのが嫌なら包茎手術をおすすめします。
包茎手術によって傷などが残ってしまう場合があるのですが、しかしまずはカントン包茎を治すことが先決になるのでカントン包茎を治すようにしていきましょう。

関連記事:

ページ上に戻る