その行為によって真性包茎からカントン包茎になります

男性の悩みの元になってしまう包茎ですが、包茎には真性包茎、カントン包茎、そして仮性包茎があります。
日本人男性の多くは仮性包茎になっているのですが、この仮性包茎は特に手術を必要としているのではなく、そのままでもいい包茎となっています。

手術を必要としている包茎が真性包茎そしてカントン包茎となっています。
真性包茎は知っている方が多いのですが、カントン包茎はどのような状態になっているのかを知らない方がいらっしゃいますので、簡単に説明をしたいと思います。
カントン包茎は真性包茎の人が無理やり包皮をむくことによってなってしまう包茎となっているんです。
カントン包茎は包皮の口がとても狭いことによって口によって締め付けてしまい亀頭が腫れあがってしまっている状態になっています。
締め付けているので血流がとても悪くなってしまって、最悪の場合は壊死をしてしまうのでとても危険になっている包茎なのです。
なので早めの処置を必要としていて、包茎手術で治すことが必要としている包茎になっています。
カントン包茎にならないようにするためには、包皮を無理やりむかないということです。
真性包茎はとても恥ずかしい状態なので、無理に包皮をむこうとするのですが、その行為によって真性包茎からカントン包茎になります。
なので、真性包茎の状態でまず包皮の口を広げてあげることが必要なので、お風呂などで矯正トレーニングをしてまずは口を大きくしてあげましょう。

関連記事:

ページ上に戻る