他人に相談しにくい悩み

多くの日本人男性が悩んでいる身体的悩みと言えば包茎が挙げられます。
包茎は、他人に相談しにくい悩みであるため、人知れず困っている方が多いはずです。
包茎には2種類あります。
1つ目は仮性包茎と呼ばれています。
仮性包茎は、通常時は包皮が亀頭を覆っています。しかし自力で包皮を剥いて、亀頭を露出させることができます。

勃起時には、自然に包皮が剥けて亀頭が露出する場合と自力で包皮を剥く場合がありますが、亀頭を露出させることができます。
一方真性包茎は勝手が違います。
通常時はもちろん勃起時でも、包皮を剥くことができません。亀頭が露出できない状態を言います。
包皮が長すぎるか包皮の入り口が狭すぎることが原因です。無理に亀頭を露出させようとすると、亀頭が締め付けられたりして、亀頭を傷つけたり血行不良にしてしまう恐れがあり、危険です。
包茎には、いくつかのデメリットがあります。亀頭に恥垢と呼ばれる汚れが溜まりやすく、匂いを発するようになります。恥垢は細菌の温床でもあるため、不衛生で、性病の原因にもなります。そのせいか包茎は、女性に敬遠されやすい症状の代表となってしまいました。
仮性包茎ならそんなに問題ありませんが、真性包茎だと、やっかいです。
亀頭が露出しないため、性行為が難しい傾向が出てきます。
この点も包茎が、女性に敬遠されやすい一因となっているようです。
仮性包茎なら問題ないにも関わらず、仮性包茎も真性包茎と同じ扱いを受けてしまうのが現状です。
女性にも、包茎に関する正しい知識を持っていただきたいです。

関連記事:

ページ上に戻る