包茎の種類によって手術の内容も違ってきてしまうのです

包茎は包茎手術をすることによって治すことができるのですが、包茎の種類によって手術の内容も違ってきてしまうのです。

真性包茎そしてカントン包茎ですが、包皮を切開または切除をしないと治すことができないので、どうしてもメスを使用する手術となってしまいます。
仮性包茎の場合は包皮をむけている状態にすればいいので包皮を縫うだけの矯正手術もありますので、必ずメスを使用するということではなく、メスを使用しない方法もあります。
包茎手術をする前に必ずカウンセリングをしますので、その時にどのような手術になるのかを説明してくれるのでしっかりと聞くようにしましょう。
包茎手術のメジャーな方法は環状切除手術となっています。
この方法は環状に包皮を切り取り、皮を短くする方法となっています。
真性包茎などの場合はどうしても必要のない包皮を切除することになるので、メスを使用してそして縫合をすることになります。
手術をしてもらった後に注意してほしいことが、ペニスはとても化膿しやすい状態となっているので必ず化膿止めの薬を忘れずに飲んで欲しいんです。
もし化膿をしてしまうととても大変なので、化膿しないようにすることが必要となります。
そして抜糸出来るまでの間は入浴することができなくて、シャワーのみとなっています。
シャワーの時に患部を濡れないようにすることが必要となっていて、ビニールなどで覆うことをしましょう。
性行為ももちろんできません。抜糸をしても約1ヶ月は性行為できないので、絶対に性行為をしないようにしましょう。

関連記事:

ページ上に戻る