確実に保険適応外となるのが仮性包茎になっています

包茎を治すために包茎手術があるのですが、包茎手術は簡単ですが費用がかかってしまうんです。

包茎の状態によって保険適応となったり保険適応外となってしまったりするので費用が大きく変わってくるんです。
保険適応になるのかどうかは、その医師の判断となるのですが、確実に保険適応外となるのが仮性包茎になっています。
仮性包茎の場合は簡単に包皮をむくことができるので清潔にすることができるので問題がない包茎となっているんです。
保険適応になりやすいのが真性包茎そしてカントン包茎となっています。
ただすべての方が保険適応になるということではなくて、比較的軽い症状だと保険適応になってくれない場合があるんです。
保険適応になるのかどうかは、そのままでは危険なのかどうかです。
真性包茎では、かなりの確率で保険適応となってくれていて、清潔にすることができない包茎なので病気になりやすいという危険があるんです。
なので保険適応で手術をすることができます。
そしてカントン包茎も、かなり圧迫されている状態で血流がかなり悪くなっている状態だと保険適応になります。
血流が止まってしまうと壊死をしてしまうのでいち早く治療をすることが必要なのです。
保険適応になっていると手術の費用は3万円程度になっているのでかなり安い手術になります。
しかし保険適応ではなくなってしまうと、10万円程度になってしまうのでかなり費用が必要となります。
真性包茎そしてカントン包茎の場合はで保険適応されない場合は違うクリニックに行くことがいいかと思います。
もしかしたら保険が適応になってくれるかもしれないので、費用のことを考えるとかなり必要なことですよ。

関連記事:

ページ上に戻る