ないよりあったほうが実はいいんです

日本では包茎になっていることが恥ずかしいことになっていて、包茎を治す手術をしている方が多いのですが、実はアメリカでは少数ですが包茎にする手術を受ける方いるんです。

日本では包茎は恥ずかしいので包茎にする理由があまりよくわからないことなのですが、包茎にする理由がしっかりとあるんです。
実は包皮に性感帯となっているので包皮がある方が気持ちよくなってくれるということなんです。
なのでこの包皮を切除してしまうと、感覚が鈍くなってしまって少し満足がいく性行為ができなくなってしまう場合があるんです。
アメリカでは自分の意思ではなくて親の意思で子供の時に包皮を切除をしてしまうので、包皮を戻して元通りにしたいと思うかたがいらっしゃるんです。
包茎を治す手術を受けた方の悩みとして、包茎手術後は感覚がとても鈍くなってしまったという方がとても多くなっていることで包皮を切除をして失敗したと思っている方もいらっしゃいます。
それほど包皮は性感帯となっているので、ないよりあったほうが実はいいんです。
包茎にする方法は包皮を再生する方法となっているのですが、なかなか包皮は再生してくれなくて、包茎にする手術を受けた方で満足している方はかなり少なくなっているんです。
なので包皮は切除をしてしまうと再生してくれないと思った方がよくて、包茎手術をしようかと思っている方はじっくりと考えることが必要ですね。
手術をした後で後悔してしまってもどうにもならないので後悔をしないようにしてください。

関連記事:

ページ上に戻る