そこまで心配をしなくてもいいんです

包茎手術をしてはダメ人っているのですが、包茎手術をしてはいけないのは、18歳未満の男性の方が含まれているんです。

なぜ18歳以上じゃないと手術ができないのかというと、まずこれから亀頭が成長をしてきてくれることが多く真性包茎が自然と治る場合があります。
18歳までは成長期となっているので、これからどうなるのかわからないのにリスクを背負ってまで手術をしなくてもいいんです。
そして本人は包茎になっていることをほとんど気にしていないのに親御さんが心配になって病院に行くケースがかなり多いのですが、そこまで心配をしなくてもいいんです。
まずは成長が止まるまで見守ってあげてそれでも真性包茎のままになってしまっているのなら病院に行って診察をしてもらうのがいいですね。
陰茎が成長をすると包皮も成長をしてくれるので、真性包茎だったのが、特に問題のない仮性包茎になってくれるケースがかなりありますので18歳未満は手術をしないほうがいいんです。
ただし例外があって包皮を無理やりむいてしまうとカントン包茎になってしまうのですが、カントン包茎の場合は18歳未満だったとしても手術が必要な場合がでてきてしまいます。
それほどカントン包茎はとても危ない包茎となっているので、もしカントン包茎になってしまっているのなら病院に行くようにして診察をしてもらいましょう。
包茎は男性にとってとても悩みなのですが、18歳以上になるまでは手術をすることは良くないので18歳以上になってから手術をするのかどうかを検討をするようにしましょう。

関連記事:

ページ上に戻る