それから手術をしてもらうようにしましょう

真性包茎そしてカントン包茎の場合は手術をして治療することが必要なので、これから手術をする方もいらっしゃると思います。

包茎手術は比較的に簡単になっているのですが、手術なのでリスクもありそしてクレームになってしまうような症状も出てしまうことがあります。
なのでここでは、どんなクレームがあるのかを紹介したいと思います。
手術によってクレームになってしまうのが、勃起をした時に痛みがでてしまう、勃起をした時に包皮が突っ張ってしまう、などです。
勃起した時に痛みが出たりそして突っ張ってしまうことは手術をする時に勃起した時の想定で包皮を切除をして縫合をするのですが、想定より大きくなってしまうということで実は仕方がないことになるんです。
いくら想定をしても興奮の度合いによって勃起の大きさは違ってきてしまうので突っ張ってしまったりしてしまうことは仕方がないんです。
これが手術をすることによるリスクともなっているので、このようなことが起きてしまうかもと想定をして手術をしてもらうことがいいんです。
もしどうしても機能面で問題があるようでしたら一度診察してもらうのがいいですね。
クリニックによって直すための治療をしてくれるのでまずはどのような状況になっているのかを診察をしてもらうようにしましょう。
そしてこれから手術をしてもらう方はまず手術をしてもらうことはどんなリスクがあるのかを把握して、それから手術をしてもらうようにしましょう。

関連記事:

ページ上に戻る