包茎治療で包茎の手術があります

包茎は包茎治療をすることによって包茎を治すことができるのですが、包茎治療で包茎の手術があります。

包茎手術で気になることはリスクがどのようになっているのかもそうなのですが、費用はどのくらいかかってしまうのかが気になってしまいます。
実は、包茎手術にかかってしまう費用はその施設によってかなり金額の差があって、数万円から数十万円とかなりの差があります。
なぜここまで差がうまれてしまうのかというと、包茎手術を営利目的で行う施設がとても多くなっているので差が生まれてしまいます。
ただし真性包茎そしてカントン包茎の場合は医学的にも手術が必要とされているので、保険適応となっているので安く手術を受けることができるようになっています。
包茎治療の方法ですが、まず必要のない部分の包皮を切除をして傷口を縫い合わせることをします。
縫合する時に糸には、ナイロン糸と吸収糸があってナイロン糸より吸収糸の方が高くなっていて大体2万円程度上乗せになっています。
傷口が目立ってもいいようならナイロン糸がいいですし、傷口を目立たなくさせるためには吸収糸を使用をしてもらうのがいいんです。
保険適応のことを考えないと真性包茎の方がとても高くなっていまうのですが、保険適応してくれるので仮性包茎の方が高くなってしまいます。
仮性包茎の場合は清潔にすることができる包茎なので、自分が気にしなければ費用そして手術のリスクを背負うよりもそのままにしておくほうがいいですね。
手術をしなくても仮性包茎の場合は自分で包茎を治すこともできるので、必ずしも包茎手術を受けなければ治らないということではないので覚えておきましょう。

関連記事:

ページ上に戻る