いつから包茎が恥になってきたのでしょうか

日本人は包茎になっていることが恥となっているのですが、いつから包茎が恥になってきたのでしょうか。

実はいつから包茎が恥になってしまったのかはわからないんです。
かなり昔は包茎になっていることは当たり前になっていて、逆に亀頭が出ている状態が恥になっていたんです。
すごい昔の話になるのですが、スポーツをする時に裸でおこなっていたいのですがその時に亀頭が露出しないように皮の口を紐で縛って見えないようにしていたんです。
なので昔は包茎になっていることが当然のことになっていたので実は包茎は恥ずかしいことではないんです。
今でもその地域そして宗教で包茎になっていることが当たり前で包茎でないことのほうがいけないことになっています。
包茎をここまで恥ずかしいと思ってしまうのは、日本が一番なのかなと思います。
日本人はどうしても包茎になってしまってとても悩んでしまうのですが、考え方を変えることによって悩みを解消することができます。
日本人男性の約60%は仮性包茎になっているので、包茎になっていることが当たり前のことと考えるほうがいいですね。
どうしても包茎で悩んでしまっている方には包茎を治すことができる包茎手術などがあります。
真性包茎そしてカントン包茎の場合は治すことのほうが重要で保険適応で包茎を治す手術をうけることができます。
仮性包茎の場合は保険適応外となってしまうので全て自費となってしまうのですが、包茎を治そうと思えば治すことができるんです。
包茎手術をすることによって傷が残るなどのリスクがあるのですが、それでもいいという方は包茎手術を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:

ページ上に戻る