全く包皮をむくことができない真性包茎という包茎があります

男性の悩みの包茎ですが、全く包皮をむくことができない真性包茎という包茎があります。

この真性包茎は包皮と亀頭が癒着をしていることもあって包皮をむくことは困難となっているんです。
実はこの真性包茎はそのままにしておくことはあまりいいことでなくて、早めの治療が必要としているのです。
なぜ早めの治療が必要となっているのかですが、全く包皮をむくことができないと、どんどんと恥垢が貯めってしまってその恥垢と洗い落とすことができないんです。
恥垢の影響で、炎症になってしまったり最悪の場合はガンになってしまうのでとても危険なため早めの処置が必要となるんです。
病院で真性包茎を治す方法として包茎手術があります。
真性包茎の場合は保険適応となってくれるのでそんなに高い費用ではないので受けやすいかと思います。
包茎の手術方法はいろいろとあるのですが一番多くなっているのが環状切開術です。
仮性包茎の場合は切開などメスを使用しなくてもいい場合があるのですが、真性包茎の場合は包皮の口が狭くむくことが困難なのでどうしても切開そして切除を必要としてしまいます。
手術をすること自体が嫌な方がいると思いますが、重度の真性包茎の場合は早めに手術をすることが必要となっているので、病院にいくようにしてください。
軽度の真性包茎の場合は手術をしなくても自分で矯正トレーニングをすることによって仮性包茎までにすることも可能になっています。
時間がかかってしまうことなのですが、どうしても手術が嫌な方にはおすすめな方法となっているので、矯正トレーニング方法をネットで調べて実行するようにしてください。

関連記事:

ページ上に戻る